のむけんの美肌の秘密 SK-2でもエステでも美容整形でもありません! ー墓場まで持っていくつもりだった秘密を一挙公開しますー

こんばんは、のむけんです。

 

先週末の土日はばんちゃんの心塾でした。

土曜日の心塾後に懇親会でばんちゃんを除くみんなと飲みに行ってきました。

 

その懇親会の中で「僕の肌がきれい」っていう話題になりました。

いつもみたいに「SK-2塗ってるからー(笑)」とか適当にごまかすこともできたと思うんだけど、なんかみんなと打ち解けて来たし、僕も本心ではそろそろ本当のことを言って重い荷物を降ろしたかったのかもしれない。

「それ墓場まで持っていく秘密だからー」みたいにもったいぶった言い方をしたような記憶があります(もう結構酔っぱらってました)

そこで優しいみんなは食いついてくれて「そう言われたら聞きたい」みたいに振ってくれたんです。

 

そこでしまったと思いつつ「言ってもいいのかしら???」って戸惑いながら僕の多分1番大きな秘密を話しました。

それを話したところこっちは「嫌われる。気持ち悪がられる」と身構えていたのに「ふーん」ぐらいのリアクションでなんか拍子抜けするやら、でもすごく楽になったような感じでした。

 

明けて日曜、心塾中に「昨日の秘密、ばんちゃんにも話したら」って言われて話しました。

バンちゃんは「ほうっ!」「ほうっ!」ってめっちゃいいリアクションしてくれたけど、やっぱり嫌われたり気持ち悪がられたりすることはなくて、「え、そんなもんなの???」って思ったし、そのあと心の重荷が降りてすごく楽で楽しかったんです。

最大の墓まで持っていく秘密をさらけ出した状態が本当に楽だっていうのを体感しました。

帰ってきて「こんなに楽ならずっとこんな感じで生きたい!」って思ったけど、気づくといつの間にか何重にも鎧を着だす気がしたので、いま勢いのあるうちに思い出せる範囲の秘密は暴露してしまおう!と、でも戸惑いながらこのブログを書いています。

(当日は書ききれなくて今月曜、もうすでに書くのがものすごく怖くなってます)

ちなみにこの後は下の話題も多いので苦手な人は閲覧注意です。

前置きが長くなりました。

僕が肌が奇麗だったり髪が薄くも白くもならないのは実は男性ホルモンが出てないからです。

以前のブログでも書きましたが17歳の時に脳腫瘍という病気になりました。

その腫瘍が脳下垂体というところにダメージを与えてしまい男性ホルモンをはじめ色んなホルモンが出なくなりました。

まず男性ホルモンから説明します。

男性ホルモンっていうのは男性らしさにいろいろ影響しています。

その男性ホルモンが出てないので男性らしい特徴を失いました。

思いつく順に書くと

精子が出なくなった

性欲がなくなった

体毛がなくなった(下半身つるつる)

ひげも生えない

筋肉がつかなくなった(もとからそこまでなかったけど)

顔もごつごつしない

肌が女性みたい(これももともと奇麗ちゃ奇麗だったけど)

声が高いまま(もともとほとんど声変わりはしてないけど)

ちんちんも玉も小さくなった(まじでポークビッツです)

かつ勃起もあまりしなくなった

朝勃ちもしなくなりました。

目立つところではそんなところです。

 

他に出なくなったホルモンは

成長ホルモン(成長しない。老けない。白髪がないのはこれかも。)

免疫系のホルモン(体調を崩すと重篤化しやすい)

他に何が影響してるのかわからないけど疲れやすい(お医者さんに退院時に「君は若いけど体力は60歳だから!無理しちゃだめだよ」と言われました。

そんな状態が退院した17歳から40歳ぐらいまで続きました。

 

性欲もないしましてや精子も出ないし、僕は女性と付き合うのが怖くて30歳ぐらいまで彼女がいませんでした。

病気になる前に彼女のような人は居たし、厳密にいえば病気になった後も微妙な関係の女友達は居ました。

ただキスは出来てもそのあとが出来ないし怖くてそこから進みたいと思わないようにしてたところもありました。

家に泊まりに来たり宿泊旅行に行ったりしたこともあるけど結局Hは出来ませんでした。

 

30過ぎた時に本当に好きな子が出来て付き合うようになりました。

「やっぱりH抜きに男女の付き合いは成立しないよね」って腹をくくったのもあったし「30過ぎて童貞はマジ恥ずかしい」っていう気持ちがありました。

あとはなにより彼女のことが好きで、Hしたい気持ちが病気後初めて出ました。

それが僕の初体験です。

 

その彼女とは3年近く付き合って別れました。

 

その後彼女がいないまま40を迎えます。

40歳の10月の週末、インフルエンザが重篤化。(免疫ホルモンがないのと食事をとれなかったことで超低血糖だったらしい)

意識が混濁したまま路上に出て倒れたみたいです。

その後病院に担ぎ込まれる間にウンコとションベンを漏らしたそうです。

3日間意識がなかったそうなんですが、その間お医者さんが色々調べた結果ホルモンが出て無い事を突き止めてくれて、免疫の薬を飲んで男性ホルモンを注射する生活に変わりました。

なので今はかろうじて精子は出ます。でも種なしです。

他にも少し疲れにくくなったりひげも多少生えたし、体毛は割と普通になりました。

ちんこは多少大きくなったけど相変わらずポークビッツです。

 

その後元妻と出会って結婚、そして離婚して現在に至ります。

なので僕は付き合った女性は2人、経験人数も2人です。

風俗に行ったことはあるけど2回だけです。

 

 

 

この後は思いつくままに秘密(っていうほどじゃないのもあるかもだけど)を書きたいと思います。

めちゃくちゃ早漏

そして包茎

女性大好きだけど女性が怖い

怖いけど惚れっぽい

いい年して処女信仰が強い

なので若い子が好き

たぶんナルシスト

 

幼稚園行ってない

小学生の時女の子数人にいじめられてた

ちなみにその時のあだ名は「まんけら」(のむらけんまを逆から読んでまんけら)

あとおかまって言われたこともいっぱいあった。

中学生ぐらいまで髪は母親に切ってもらってた。

 

高校生の時はパシリやらされてた

その時のあだ名は「よつ」(野村義男→よっちゃん→よつ)

高校生ぐらいまで服は母が買ったものを着てた。

スピード狂

50キロ制限ぐらいの一般道で160キロで自爆した。

一発免停含め免停は3回ぐらい

捕まった違反はスピード違反が9割以上

 

仕事はまともに続かず務めても1年で辞めた。

しかもほとんどがバイト。

1日でバックレたバイトもある。

バイトは数えきれないくらいやった。(要は続かない)

父の会社に養ってもらってた時もある。

 

親に追い出されプチホームレスしてた(親の車を盗んで車で生活してました)

あと弟の会社に養ってもらった時もある。

32ぐらいまでㇷ゚ー太郎

 

30過ぎてからもウンコ漏らしたことがある

ションベンも漏らした

 

夫婦げんかで何度か本気でぶん殴ったDV男

離婚するときもDVの慰謝料請求で調停(結局和解金ですんだ)

元妻を路上で捨てたことがある(もちろん後でちゃんと迎えに行ってます)

お金と私とどっちが大事?って聞かれてお金って答えた

10億と引き換えならお前要らない って言った

 

元部下は山で捨てた(もちろん部下も後で迎えに行きました)

「自分で現場まで来い」っていうモラハラ上司だった

ミスするたびに「何時までにレポート出せ」っていうモラハラ上司だった

 

視野が狭くて横が見えない(振り返っても後ろが見えない)

力がない(結婚式場の女の子たちの方が力持ち)

借金まみれ

 

何かもっとありそうだけど今思いつくのはこんなところ

これを投稿するのめっちゃ怖い!

明日からどんな顔して生きようか悩むけど、まあいいや。

 

変なカミングアウトを読んでくれてありがとうございます。

おやすみなさい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA