やりたいことをやって自由に生きる人になる -トリプルカウンセラーのコラボセミナー-

こんにちは、のむけんです。

 

7/29日(土)に鎌倉で「根本裕幸・大塚彩子・立花岳志 トリプルカウンセラーコラボ 『やりたいことをやって自由に生きる人になる!』セミナーを受けてきました。

 

最近ののむけんはやりたいことが解ってきて割と自由を感じてるし、実際自由に生きてて、でもなんとなくやりたい事にスムーズにエネルギーが向かわないことが多い、そんな悩みを持っています。

なのでタイトルを見たとき「これは受けたい」と思って即受講を決めました。

またいつもお世話になってて大好きな根本さん、先日セミナー受けてそのエネルギーを感じた立花さん、その奥様である大塚さんがコラボするという事で「色んなエネルギーを一度に浴びれるぞ」と期待していざ鎌倉となりました。

当日のセミナーは2部構成で前半はイタリアンに舌鼓を打ちながら、豪華トリプルカウンセラーがお話をしてくれました。

 

 

3人ともすごいいいお話をしてくれて、その内容はのむけんの頭には残っているもののなにせ食べるのに夢中で。。。

メモも取らずに食べていたのでちょっとレポートを書けるほど頭の中でまとまってません。。。

のむけん、2つの事を一度に出来るほど器用ではないのです。。。

さて、ぼやきはこのあたりにして。

 

で後半は立花さん、根本さん、大塚さんの順で公開セッションです。

立花さんのセッションに名乗りを上げたのは先日100万PVブログのセミナーでたまたまのむけんの前に座っている方でした。

ブログのセミナーの時、その方はMacを取り出しその場で情報発信したりして凄い自信のある方に見えました。

でもこの日は色々抱えてる悩みをシェアしてくれました。

ブログセミナーの時には遠い存在に感じた彼がその日はなんか身近に感じられました。

また大塚さんの時にセッションしたのはのむけんの友人だったのですが、彼もまた悩みを話してくれました。

のむけんの知る限り彼はやりたい事をやっているように見えたし、凄く自由で誰からも愛されてて悩みなんてないんだと思ってました。

最近は彼のブログで悩みがある事は知ってはいましたが、この日初めて詳しい内容を聞いてちょっとびっくりしました。

両名とものむけんはちょっとは知っている人。

でもそれまではお2人とも自信があってやりたいことやって生きている、ちょっとある意味遠い人でした。

でもお2人のセッションを聞いて弱みを見せると親近感が湧くんだなと思いました。

いつも思う事ですが愛されるってしっかりすることだったり、仕事が出来ることだったり、能力が高いことだったり、凄く自立してることだったりが必須条件みたいな思い込みがのむけんにはあります。

でもこうやって弱みを見せると、と言うかむしろ弱みが愛されるところなんだなと思いました。

 

やりたい事をやろうとする時に、どうしてもカッコイイものを提供したい、失敗したくない、完成度を高くしたい、人に迷惑かけずにやりたいなどと思ってしまうけど、それは違うのだなと気づかせてもらいました。

 

そしてその迷惑を掛けたくないって思い込みはどこから来てるのか?

「やりたい事をやって自由に生きる」っていうセミナーでしたが、受けてみてのむけんの真のテーマは「親を乗り越える」でした。

一番迷惑を掛けたくない相手はやっぱり親で、やりたい事は見えてるのにエネルギーが湧いてこないのもやっぱり親との関係が上手く行ってないからだなと。

これは懇親会でも相談させてもらって、教えて貰ったこと、気づいたことなのですが、親との関係って直接仲良くすることばかりじゃないみたいです。

のむけんの場合は精神的に親の下に居ることが凄く問題で、自分から怒られに親に頭を差出してるような状態だと教えて貰いました。

のむけんの親は凄く過干渉だし、顔を合わせると説教が始まるタイプで、のむけんは心のどこかで親が変わってくれるのを望んでました。

でも、自分から頭を差し出してると言われ「自分の問題か」と気づきました。

親を超えると決めてしまう(年収とか肩書とかそういう意味じゃないです)

自分で親の影響下から出ると決める。

親と自分を切り離す。

 

もう肉体的にも精神的にも全盛期の、まったく太刀打ちできなかった時の親じゃない。

でもいまだにその頃の記憶から怯えたり、従ったりしてる。

そう思う根源は自己肯定感のなさだったりもします。

親を乗り越えるのもやりたい事をやるのもまずは自分を信じること。

何とかなると腹を括る事。

 

結局最後は自己肯定感の問題なのだなと思いました。

自己肯定というと自己肯定できる材料や実績が欲しくなります。

でも今のむけんは自己肯定とはありのままの今の自分を現状とは関係なくまず受け入れることだと知っています。

実は最近その自己肯定のスイッチが切れているのだなと思い知らされることもあって、

「だからエネルギーがやりたい事に向かわなかったのか」と気づきました。

 

まとめると、自分のダメなところも受け入れて足りないところは人を頼っても良い。

失敗を恐れず、失敗しても何とかなると自分を信じて自己肯定感のスイッチを入れて「やりたい事をやる」「前に進む」と腹を括る事。

そうするとやりたい事をやって自分をよりどころにして生きる、本当の自由人になれるのかななんて思いました。

 

欠陥だらけだし間抜けでおっちょこちょいなのむけんだけど、そこは愛されキャラなんだと受け入れて、自己肯定のスイッチを入れて見栄を張らず失敗を恐れず前に進もう、そう思うのむけんでした。


根本裕幸さん

根本裕幸オフィシャルブログ http://nemotohiroyuki.jp/

https://www.facebook.com/hiroyuki.nemoto.79?fref=ts


大塚彩子さん

自分にOKを出して前に進む!http://todaysseaway.ttcbn.net/

https://www.facebook.com/ayako.otsuka.96


立花岳志さん

No Second Life http://www.ttcbn.net/no_second_life/

https://www.facebook.com/ttachi

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA