レベル①-8 理想の住まいは?

こんばんは、天才カウンセラーののむけんです。

住まい?住まいねぇ

幼少の時に住まいなんて考えたこともないような気が。。。

しばし悩む。。。。


住まいというか住環境的に考えると

横浜の郊外で、当時は舗装もされてない田舎で、近所に遊び場所はたくさんあったし、なんなら家の前の道で遊べたし、近所に同じぐらいの年の友達も居たし、よく道や広場で缶蹴りとか、ちょっと林に行ってクワガタ採ったりとか、池に行ってザリガニとか採って遊びには困らなかった。

ただどちらかと言えば当時から家が好きなのむけんは家で粘土で遊んだりしてることが多かった。

ダンボール敷いてその上で粘土をこねて動物やらなんやら作ったり紙で工作したりする事が多かった。

子供のやることだからやりたいことをやる時に「もっと家がこうだったら良いのに!」なんて思ったことはなかったからあの家が理想の住まいだったと思う。

せいぜい欲しいものって言っても家にあるもので足りて、例えばヘラみたいなものが欲しいと思えば母に頼んで家にあるものを借りて工夫してそれなりに楽しんでた。

そのうち父が「こんなものがあるそ!」って得意気な顔でカッティングマットみたいな物くれたり切れるハサミを買ってきてくれたりした。

当時は「良いもの作ろう」とか「こんなの作ってびっくりさせたろ」っていう欲も見栄もなかったからあるもの、与えられたもので充分やりたいことが出来てたし、その中で工夫しながら楽しんでたなぁ

なんか成長すると達成欲、探究心と同時に欲と見栄が出て、「これがないとやりたいことが出来ない」「こうじゃないとやる気が起きない」ってなっちゃってた気がする。

そのうち更にエスカレートして「これがこうであれば」「お金さえあれば」「時間さえあれば」になっちゃって、やる気も起きないし工夫する意欲もなくなってた。

あれもこれもを求めて環境を整えることばかり追いかけてる事って多い気がする。

一見それはワクワクすることのようでもあるけれど、環境を整えるって目的じゃなくて目的じゃなくて手段だってことをちょいちょい見失ってしまう。

仕事でも趣味でもなんでも、昔みたいに工夫しつつ与えられた環境の中で最大限やってみる、楽しむって大事だ。

その方がやりたいってキモチ、ワクワクを感じられるんじゃないか、そんな事を思った。


のむけんの有料(2時間3000円)モニターカウンセリングも受付中

4月のモニターカウンセリング可能日のお知らせ


友だち追加

ミニワーク配信中のLINE@
是非あなたも友達追加お願いします
※@gus5985t


The following two tabs change content below.
のむけん

のむけん

のむけんです
のむけん

最新記事 by のむけん (全て見る)