気持ちを感謝でごまかさない

【気持ちを感謝でごまかさない】

 

■たとえば恋人にフラれた、そんな時

悔しい、悲しい、ムカつく

そんな気持ちを共感してもらいたくて

友達に話したりしますよね

  

■その時友達が

「今まで恋人がいただけ幸せじゃん」

「ほかにいい人がいるよー」

「新しい出会い探そうよ」

みたいに言ったらどう感じますか?

  

■確かにそうなんだけど

と思いつつも

気持ちを理解してくもらえなくて

悲しいですよね

  

実は気付かないうちに僕たちは

その友達みたいなことを

自分自身にしてしまっていることがあります

  

■なにかネガティブな気持ちが湧いたときに

「でも仕事があるだけありがたいよね」

「忙しいのはいいことじゃん」

「あの人、根は優しい人だし」

「怒られるってことは期待されてるってことだもんね」

  

■そんな言葉で自分の中にある

ネガティブな感情にフタをしてしまうことがあります

  

もちろん感謝をする事

ポジティブな気持ちを持つことは

すごく大事でいいことだと思います

  

■ただそれはそれとして

自分の中にある

悲しい気持ち

悔しい気持ち

寂しい気持ち

怖かった気持ちは

感じてあげて欲しいのです

  

■大切な友達に

悲しかったね

悔しいかったね

寂しかったね

怖かったね

って言ってあげるみたいに

自分のどんな気持ちにも

寄り添ってあげてください

  

■そうすると

ネガティブな感情が和らいで

もっと感謝が素直で大きなものなって

人生が楽しくなると思います

 


ミニワークをお届けするLINE@始めました
是非友達追加をお願いします

友だち追加

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA