疲れ、体調不良、忙しさは何か前提条件がズレてる現れ? ー昨日の心塾で思い出したことー

こんばんは、天才カウンセラーののむけんです。

今日の東京は天気もよく割と暖かくお花見日和♪

ついこの間お正月だったようなような気もするし、まだまだ寒い日もあるし日々の忙しさの中でなかなか季節が変わってるのを感じられないですけど、確実に春がやってきています。

のむけんの場合は花粉症で春を感じまくっているわけですけどねw

で、花粉症だからかなのか仕事がクソ忙しいからなのか、最近タバコを復活してしまったからなのか?

とにかく毎日ヘロヘロに疲れるわけです!

平日は慢性的な寝不足なので、週末は寝貯めと言う名の体力回復に使われるわけで1日ベッドから出れない日もかなりあるわけですw

そんな中で以前から告知してたセミナーもあってやらなきゃやらなきゃと思いつつ大して何も出来ず、結局セミナーは集客が出来ず中止になりました。

それでも場所は予約してあるしみんなは集まったしと言うことで、ばんちゃんが特別授業を開いてくれました!

 

忙しい。時間がない。疲れた。は本当か?

そこでは「今回のセミナーは結果的に見れば失敗。それはそれで受け止めるとして、反省も自分を責める必要もない!ただ、この体験をどう経験に変えるのか?」と言う観点からみんなで徹底的に話し合いました。

その話し合いの中で出た意見で多かったのが「忙しい。時間がない。疲れてて出来ない」と言うものでした。

年度末だし実際のむけんも上記に書いた通り日々忙しく疲れていたので同じ事を感じていました。

そんな中でばんちゃんに言われたのは「人は余計な心配をせず本当はどうしたいか?を止めなければ疲れもしないし、時間もなくならないし、忙しくならないし、病気にならないし、やる気が出ないなんてことはない」と言う事でした。

これ普通に聞くと理想論、飛躍した考えに聞こえるかもしれません。

でものむけんは以前から同じことを感じていて『「疲れたとか体力がないとか体調が悪い」とかってきっとどこか前提条件が間違ってるって事だよな』って思っていた。

仮に「僕は疲れない」の前提条件にした場合、その前提条件に合う現実を選び始めるわけで、そうすれば心からやりたい事を全てやるだけの体力は人間に備わってる、そう言うことを頭でも体験的にも解っているつもりだった!

更に言えば「疲れない」前提のはずなのに疲れてると言うことは何か本来の自分のやりたい事、ビジョン、ミッションから外れたことをしてしまっているから。

疲れたと言う現実から自分を内観して、何がズレてるのか、何を怖れ何にエネルギーを使っているのか?

そんな風に内観と挑戦を繰り返す事で自分を変えて行けることはわかっていたはずなのにすっかり忘れていたことに気付かされた!
※これは考え方の一つであって、体調が悪い、疲れたと言う方全てにこのようなセッションはしませんのでご安心下さい!

たぶん、たぶんだけど前よりは自分のビジョン、ミッションに向かっているし、理想に向かってエネルギーを使っていると自分では思ってる。

ただその分以前とは種類も大きさも違う怖さに直面するわけで、その怖さが強いばかりに僕は自分で忙しいも疲れたもベッドから出れない土日も選んでいたことに気付かされた!

忙しい現実に絡め取られて身動きが取れないと思ってたけど、怖くて動きたくなかった、疲れたを言い訳に逃げてた。

そんな事に今回のセミナーの失敗とばんちゃんの話で気付かされた

必然必要ベスト  にするには強さ、コミットが必要!

セミナーは中止になってしまったけど、本気で本音の講義だった!

普通こういう失敗があると反省やら、下手すると説教やらがあったり、逆になあなあに「次は頑張ろう!」みたいな感じで何も解決してないのに表面上だけ前向きで進むことが多い。

ただ心塾ではすべて「必然必要ベスト」の考え方で、起きた事象に関してばんちゃんは全くジャッジをしない!

だから反省点を洗い出すこともなければもちろん説教もない。

その上で徹底的に体験を経験に変える!と言うことをする。

土曜日はトコトン本音を話したし、逆にどんな事象も「必然必要ベスト」に変えてしまう、そんな強さ、エネルギーがばんちゃんにはある!

正直のむけんにはそこまでのストイックさはなくて、現実に流されたり、考えるのをやめたり、やさぐれてる時間が多かったりするのだけど、その点ばんちゃんは徹底して起きた事象から何かを掴んで内観してまた自分を変えてまた突き進む。
そんな意志の強さがあると思った。

強さとは柔軟さ?のむけんはバカになることも必要!

それははたから見ると「この人、頭のネジ外れてんなー」「突き抜けたバカだなー」「イカレテル」と思ったりもするほどw

これは別にばんちゃんをディスってる訳じゃなくて、のむけんの場合はなまじいい子だったり頭がいいフリしてたりする分、恥を書くこと、バカにされることが怖かったりするし、怖い思いをするたびに足がすくんで身動き取れなくなってそんな自分に落ち込んで、を繰り返す。

そうじゃないばんちゃんはどれだけ怖さと向き合って来たんだろう?

逆にバカに見えるほど柔軟なばんちゃんにならざるを得なかったのには、ごこまで追い込まれどれだけ怖い体験をしたんだろう?

そんなことを思うわけです。

きっとばんちゃんにものむけんのような時はあったはず!

でもそのたびに自分を奮い立たせ自分の理想に突き進み、今やはたから見ると「バカなんじゃないか!?」と思うぐらいに素早く立ち直って愚直に、でも敢えて怖さに向かって行く。

そうやって今僕の前に立ち僕に会いに来てくれてるばんちゃんを見て、ちょっと感動してもいるわけです。

ただ僕がその道のりを想像すると今もいろいろ辛いことは多いしまだまだ途方もない道のりな気がするわけです!

そこを突き進むには、この妙に堅苦しくて打たれ弱くて変に賢い自分を超えて、ある意味でバカになって行くしかないのかななんて思うわけで

その道のりを経たばんちゃんに敬意を込めて「バカだなー」と思うわけです。

まとめ

話はだいぶ逸れましたが言いたいのは、疲れも忙しさも時間がないのも自分次第!

どんな現実も自分が選んでる。

そのことをすっかり忘れてどこか受け身で他責で投げやりになってたのむけんに気づいた、そんなお話でした!

昨日も夜遅くなって寝不足にも関わらず、ヤル気さえ出ればこうして日曜の朝に心塾前に早起きしてブログ原稿が書けてるのが何よりの証明だと思うのです!


ばんちゃん
Facebook
ブログ
心塾HP


のむけんの有料(2時間3000円)モニターカウンセリングも受付中


友だち追加


ミニワーク配信中のLINE@
是非あなたも友達追加お願いします
※@gus5985t