ストレングスファインダー Web セミナー のむけん才能の意味を知る

こんにちは、のむけんです

 

5/12金曜日にみこちゃん主催の「Strengths Finder Web セミナー」を受講しました。

みこちゃんはカウンセラーをしていて、昨年末のセミナーのオフ会で知り合いました。

その後セミナーでばったり遭遇、そのまま飲みに行き話の流れから今年2月に「4歳のけんまクンに会いに行こう」と題したセッションをして頂いた経緯があります。

才能を磨いて大空へ羽ばたこう!

その時のむけんは4歳のけんまクンに会って一緒に遊んで「この子の未来を僕は生きてるんだ。この子を幸せにしてあげたい」って思って、いい意味でわがままに生きることが出来るようになりました。

その時にみこちゃんがストレングスファインダーにも詳しいと聞いて、僕もたまたまテストを受けていたので少し話をしたんですけど、まだまだその才能、資質の活かし方がよく解らずにいました。

そんなわけで今回みこちゃんからのWEBセミナーのお誘いを受けて参加することに決めたんです。

ストレングスファインダーとは?

まずはそもそもストレングスファインダーって何!?ってところから

ストレングスファインダーはアメリカのギャラップ社が考えた才能発見テスト。

書籍「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」に付いて来るアクセスコードを使ってWEBでテストを受けます。

そうするとTOP5の資質(自分の才能・強み)が解ります。

のむけんはちょうど1年前にこの本の旧版を買っていてテストを受けていました。

因みにのむけんのTOP5は

・内省

・個別化

・慎重さ

・戦略性

・最上志向 です。

資質は全部で34個ありオプションですべての資質の順位を出すこともできるそうです。

まとめると「ストレングスファインダーを使うと自分の強みを発見できる」という事ですね。

 

でのむけんは強みは解ったのだけどその活かし方がよく解らないわけです。

そもそも内省とか慎重さとかって強みだとさえ思えないですし。。。

なので「そのあたりが少しでもわかるといいなー」と思ってのWEBセミナー参加です。

 

WEBセミナーはzoomと言うシステムを使って受けました。

自宅に居ながら参加者全員の顔も見えて、まるで普通にセミナーに参加してる様でした。

凄い時代になりましたね~(しみじみ蜆)

当日はみこちゃんの司会進行に加えてギャラップ社認定コーチの安東美紀子先生が詳しい説明をしてくれてのセミナーとなりました。

才能は持ってるだけじゃ発揮されない!投資して使って磨いて初めて輝いて来る!

1時間半のWEBセミナーの中で安東先生が仰ってたのは

・資質を受け入れること

・そして自分の資質を意識して自分に刷り込むこと

・資質に投資して磨いて筋肉のように鍛えること

でした。

のむけんは資質に対してたくさんの思い違いをしてることに気付きました。

まず好きな(価値のある)資質、嫌いな(価値のない)資質があると思ってたけどそうではない事。

資質は持ってるだけでは能力を発揮しない事。

ちゃんと意識してあげて使って磨いてあげると能力を発揮するという事。

そしてその資質が何かに向いてるとか向いてないとか必ずしもそういうことを意味してるわけじゃないという事。

 

のむけんは「資質」って聞くとポルノグラフィティのギフトって曲を連想します。

その中で「最初に空を飛んだ鳥は翼を広げた格好で、どのくらい助走をつけて地面をけったんだろう」って言う歌詞があります。

例えば「空を飛びたい」って夢があって、翼もある。

でもそれだけじゃ空は飛べなくて、「翼があるんだから飛べるはず」って意識すること。

翼を羽ばたかせて意識して使い方を磨くこと。

そういう事が必要なんだなって思った。

それを乗り越えた先に「翼を広げた格好で、思いっきり助走をつけて地面をけってみよう」って決断が出来る、そして行動出来て夢がかなうんだなって思いました。

 

また同じように「空を飛びたい」って夢があって

その時翼と言う資質は持ってなくて、他の資質はあるんだけど「翼がない僕には価値がない。

翼を持ってなきゃ空は飛べない」ってつい思ってしまうけど

空を飛ぶには綿密な計画を立てたり、翼に代わるものを開発したり、計画を行動に移す行動力だったり、リスク管理する慎重さだったり様々な資質が必要で、

同じ「空を飛ぶ」夢を叶えるにも人それぞれアプローチが異なるだけで資質によって向いてる向いてないの話じゃないんだなってことに気づかされました。

また「才能は必ずしもアクセルじゃない」って話も印象に残りました。

時には才能を抑えることも必要とのことでした。

のむけんは才能を磨くってことはよりコントローラブルになるって事でもあるのかなと思いました。

例えばのむけんの場合5位の最上志向は放っておくと完璧主義だったり単なる見栄っぱりだったり、完璧を求めるところはいいところのはずですがあまりいい面が出てないんです。(そういうのをベースメントと言い、資質がベースメントに入ると悩みになるらしいです)

でものむけんには「最上志向って資質があるんだ」って意識して鍛えていくと「ここぞ」というときに妥協しないで最高のものが作れたり、ここは「そこまでこだわらなくてもいい」って言うときには最上志向を抑えてゆとりを持てたりするのかなと思いました。

(こういう資質がうまく機能してる状態をバルコニーって言うらしいです)

 

この時のむけんは映画シュガーラッシュを思い出しました。

シュガーラッシュは力持ちのラルフが最初その力をなんでも破壊しちゃうことに使ってたんだけどヴァネロペに出会って、その力をヴァネロペを助けることに使うってストーリー。

そのことがきっかけで最初は嫌で仕方なかった悪役って役割も「これも大事な役割なんだ」って受け入れて幸せになる、みたいな感じだったかな。

(しばらく見てないからちょっと記憶があいまいです。書いてて久しぶりに見たくなりました。)

ラルフの資質はヴァネロペに会ってからベースメントからバルコニーに出たんだなぁ~!

そういえば資質を「誰の為に使うのか「」「何のために使うのか」も大事なポイントって言う話もしてました。

ラルフがヴァネロペに会って「誰のために、何のために」資質を使うかを変えて、力の使い道を破壊から優しさにシフトしたようにのむけんも資質を鍛えて行って「誰に、何に」もじっくり考えたいところです。

今のところのむけんはのむけんの為にとしか浮かばないけど。。。

才能のない人、価値のない人はいない

そして安東先生、みこちゃんとも仰ってたのが「資質を持ってない人はいない」って事と「資質は人の理解」にも使えるってこと。

当たり前だけどテストをして「あなたには資質はありません」なんて人はいなくて誰でも資質は持ってる。

よく人は「あの人は才能があるね」とか言うけれどそうじゃなくて才能を受け入れて意識してる人、才能を磨いてる人と才能を放置してる人がいるだけなんだなぁ。

 

そして才能は人それぞれ違うから、頭で考えるよりも先に体が動いちゃう人もいれば、塾考に塾考を重ねたうえでないと行動しない人もいる。

前者が後者を見たときに「あいつはなんで動かないんだ」とか思ってしまうし、逆に後者が前者を見ると「せっかちでおちつきがないな」なんて思って嫌ってしまう。

その時に人によっていろいろな資質、特性があるんだって知っておくと相手を理解できるなーって思った。

 

のむけんはずっと自己肯定感が低くて「自分には何の才能もないし生きてる価値ない」なんて思ってたんだけど、このWEBセミナーで改めて才能のない人なんていなんだって思ったし、才能を磨いて行けば誰だって素晴らしい自分に出会えるんだって思った。

今まで自分らしさに凄くこだわってて、その自分らしさを大切にするあまり色んなことから逃げてきたんだけど、今自分で思ってる自分らしさって全然本当の自分らしさじゃないのかもしれないって思いました。

磨いて行った先にどんな自分が出てくるのか、本当に「可能性は無限大」だなって思いました。

自分を大事にしていくことは凄く大事だけど、時には辛いことにも向き合って自分を磨くことも凄く大事。

そこをのむけんははき違えて生きてきたんだなぁ!

僅か1時間半ぐらいのWEBセミナーだったけど、すごい気付きが盛りだくさんでした。

みこちゃん、安東先生、参加者の皆さん、ありがとうございました。

 

すでにテストを受けてるけどいまいち活かせてないと言う方へ

GALLUP社ホームページからサインインして「強みのインサイトガイド」をダウンロードすると更に詳しい解説が見れます。

是非ご覧ください。


■みこちゃん 伊藤美奈枝さん カウンセラー

カウンセリングを受けてみたい方 3時間までの無料カウンセリング受付中!

普通のカウンセリングからのむけんが以前受けた過去の自分と会いに行くみたいなカウンセリングもOK。

いろいろ相談に乗ってくれると思うのでこちらでみこちゃんのFacebookページからメッセージするかもしくはご紹介しますのでご希望の方はinfo@nomuken-media.jpまでメッセージくださいね!

 

■安東先生 安東美紀子さん ストレングスコーチ・カウンセラー
Life Design Laboホームページ

Gallup社 認定コーチページ


WEBセミナーにはこちらのアプリを使いました。

ZOOM Cloud Meetings

ZOOM Cloud Meetings
開発元:Zoom
無料
posted with アプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA