初めてのワカサギ釣り まさかの釣果1匹 数釣りのワカサギで1匹って(笑)

2020年 10月3日土曜日 相模湖にワカサギ釣りに行きました。

 

 

5年前に友人に連れられて行ったことはあるのですが、一人で行くのは初めて。

前回がそこそこ釣れた(たぶん50匹ぐらい)のもあって「簡単だ」って思い込んでいて、なんとなくまた行きたくなって手持ちの竿とリールにワカサギの仕掛けをつけてめっちゃ気楽にふらっと行ってみたわけですよ。

完全なド素人だけど、晩のオカズになるぐらいは釣れるっしょ!ってなかんじで

5年前はいい感じに釣れたので完全に舐めていました(笑)

 

 

それが全く釣れず結局釣果は午前中に釣った1匹だけ(笑)

釣れなかったことにも、舐めきっていた自分にも腹が立ったので、わざわざ恥を晒す必要もないとは思うけど、次回以降の参考にするために記録を書き残しておこうと思ったわけです。 

 

この日のタックル他基本情報等

竿はニジマス様に以前買ったもの:メジャークラフト Trapara TPS-602LX
リールも同じく:アブガルシア CARDINAL Ⅱ SX 2000S 
糸:ワカサギ用に買った0.5号糸30mを予備スプールに巻いた
仕掛け:1.5号の6本針
オモリ:3g
エサ:赤虫
釣り場:相模湖 小川亭でボートを借りて(実際には係留ボートを借りてそこまでは送迎してくれます)嵐山洞門付近へ
2020年10月3日 土曜 晴れ 朝6:30から釣り開始
気温は不明 朝はそこそこ寒く昼間は半袖で行けるぐらいの暑さでした。

実際の釣行について

朝、教えてもらった棚は7mとのこと
なので7m前後で釣りを開始しましたが、まったく反応なし。
今思えば、このときからこの日の負けは決まっていたような気がします。
全くのド素人なので釣れないときの対処法を知らなかったのです。
アタリがまったくないことから、7m前後の範囲に魚がいないことは想像できました。
ですがそれは深さの問題なのか、そもそもボートの周りに魚がいないのか、いたとしても活性が低いのか、判断ができません。

 

 

周りのボートを見回してみると、ポチポチ釣れているようでしたが一匹ずつのようでした。
以前友人に連れて行ってもらった時は複数の針で同時に釣れる状態だったので「今日は釣れない日なのかも」と思い込んでしまった。
そんなこともあり、もともと飽き性で集中力がない性格も災いして、次第に投げやりな気持ちにもなってきます。

 

 

それでもさすがに「全く釣れなかった」では恥ずかしいですし、悔しいのでポイントを変えてみたり、棚を変えてみたり、こまめにエサを変えてみたり、誘い方を変えてみたりもしました。
ですが疑心暗鬼なためどれも確信がもてないままです。
そんな中で何回かあたりがありました。
竿を上げてみるとエサが取られているときがありました。
上の針のエサが取られているので、棚が浅いことが想像できたので浅めの棚にチェンジします。
大体3~4mぐらい、そうして釣ったのがこの日唯一釣れた1匹です。
時間は9時頃でした。

1匹ではオカズにならないので元気なうちにリリースしましたとさ、トホホ

 

 

そして浅めのところにワカサギがいると知った僕は浅めの棚を攻め始めます。
しかし、その後は全くあたりもなくもちろん釣れもしません。
午後、周りのボートの釣り人が居なくなるまで粘ってみましたが結局釣れたのは1匹のみと言う結果でした。

 

敗因はなんだろう?

引き上げてボート屋に聞くとこの日の最高は200匹以上、釣れない人でも50匹ぐらいは釣ってたとのこと。
釣れない日 などでは決してなく そこそこ釣れた日だったようです。
結果的に棚は朝は2~3m、日中は5~6mだったとのこと。

 

 

僕は朝は7m前後、1匹釣れて以降は2~3mと全く逆で釣っていたことがわかり、これが最大の敗因のようです。
ワカサギ全般に言えることかはわかりませんが、朝は浅め、日中は深めと言う一つのパターンを知ったのでそこは次回に活かせそうです。

 

 

ボート屋のご主人曰く、「棚を探るためにも竿1本ではキツイ、次回からは竿を2本持ってきてください」とのこと
たしかに竿が2本あれば同時の2つのレンジを探れるので効率は良いなと思いました。
思えば前回は友人が魚探を持っていたので、棚についてはまったく苦労がなくその御蔭で釣れたことを思い出しました。
ワカサギ釣りにおいては棚は重要みたいです。
1本の竿で釣る場合は仕掛けを2つ連結するとよりワイドなレンジを探れるためそういった工夫もアリかもしれません。

 

 

レンタルボートの座面が固く、お尻や腰が痛くなってしまい集中力が保てなかったのも割と大きな要因な気がします。
一応段ボールを数枚、クッション代わりに貸してはくれるのですがそれでも集中して座っているのはなかなかつらいです。
釣れていればそれでも集中はできるのでしょうが、釣れてない状況だと一気に集中力がなくなります。
次回は何かクッションを用意したほうが良さそうです。

 

 

帰ってきてYouTubeで誘い方を研究しましたが、僕の誘い方がかなりいい加減だったことも分かりました。
小さく誘っているつもりでしたが、それでも動画に比べると動かしすぎなようでした。
結構細かく竿を動かして、その後止める、そして合わせも必要なことが分かりました。
なんとなく前回は合わせなくても釣れた記憶がありましたが、合わせも必要みたいです。
今の時代YouTubeでいくらでも動画が見れるので、事前に見ておくことも重要だなと思いました。

 

次回以降の対策予定

というわけで次回以降は


●竿2本
●場合によっては仕掛けを連結
●クッションを用意
●誘い方を変える、一旦止めてアタリがあったら合わせる
●エサはこまめにつけかえる


等の対策をして釣りに行きたいと思います。

 

 

対策をしてどう釣果が変わるのか、非常に楽しみです。